タメカ・ジェニーン・ノリスを確立する5つのアイデンティティ

ジャンルを超えた作品を生み出し続けるアーティスト、タメカ・ジェニーン・ノリスが、彼女の世界観を語る。

自身と、自身をとりまく環境を題材として、ジャンルを超えた作品を生み出し続けるアーティスト、タメカ・ジェニーン・ノリス(Tameka Jenean Norris)。イェール総合大学院でアートを学んだ後、彼女はジェンダーや人種、LGBTQIコミュニティ、社会階級に関連した問題を扱うことで、「アイデンティティ」を根本としたテーマを模索してきた。タメカが作り出す世界観のルーツは、ラップとヒップホップのカルチャーにある。模索の工程にも、アートとポップカルチャーのエディティングにも、作品中で彼女が投げかける疑問と、自ずとしてそこに生まれる答えにも——独善的で偏狭なイデオロギーに対し、彼女は、幼い時分にラップとヒップホップが教えてくれた「果敢な姿勢」と「プロテストの声」を、自身の創作で実践している。実体験と思い出に駆り立てられて創作活動を続けるタメカは、パフォーマンス・アートからペインティング、映像、インスタレーション、写真、音楽まであらゆる手段を用いて、これまで自身が知り得てきた「自分という存在と人生」を通し「アイデンティティ」というテーマを模索する。

1

アートに関して思い出せる最初の記憶は、私が子供の頃、「ザ・ジャジー・レディ(The Jazzy Lady)」としてラジオ番組のパーソナリティ/DJをつとめていた母が、ラジオ局でリスナーにレコードを紹介していた姿。

夜勤の母についてラジオ局に泊まったりするとき、使われていないDJブースに忍び込んで、プリンス(Prince)やシャーデー(Sade)といった当時私が大好きだったアーティストのレコードに合わせて感情いっぱいに歌ったりしていました。観客を前にコンサートで歌うシンガーという設定でね。

2

医療・歯科保険に一切の未払いがない状態を誇りに思う。

アーティストの多くは、企業という大きな後ろ盾があるか、もしくは長期プロジェクトで組織に支援でもしてもらっていない限り、保険がない状態で暮らしています。アーティストの世界は競争社会で、常に篩に掛けられているようなもの。仕事もいつなくなるか分からない。誰もが公平で安く保険を利用できる社会が理想だけれど、悲しいことに現実はそうじゃない。

3

マリファナの煙と、コロンCool Water by Davidoffの香りが、若かりし頃の記憶を呼び起こす。

あのコロンはスモーキーな香りだとずっと思っていたんだけれど……いま嗅いでみると、そこにはスモーキーさなんてまったくないんです。

4

高齢者と赤ちゃんという存在に、心動かされる。

老人と赤ちゃんこそは、人間という存在の中でもっともひたむきな状態にある——もっとも究極の瞬間を生きている存在。先入観やかっこつけには幼すぎたり歳を取りすぎていたりする、あの状態に、わたしはとてつもない敬意をおぼえるんです。

5

スマートフォンの目覚まし機能で、毎朝わたしを起こしてくれる鳥の鳴き声が好き。

季節にもよるけれど、外で鳴いている鳥の声と、スマートフォンの鳥の鳴き声を聴き分けられるときがあります。目覚めてからしばらくはベッドの中に横たわって、二種類の鳥の声に耳をすますんです。聴き分けられたときはとても幸せな気分で一日を始められます。そうやってまた新しい朝を迎えられるということは、なんて幸せなことでしょう。

This Week

和洋新旧の混交から生まれる、妖艶さを纏った津野青嵐のヘッドピース

アーティスト・津野青嵐のヘッドピースは、彼女が影響を受けてきた様々な要素が絡み合う、ひと言では言い表せないカオティックな複雑さを孕んでいる。何をどう解釈し作品に落とし込むのか。謎に包まれた彼女の魅力を紐解く。

Read More

ヴォーカリストPhewによる、声・電子・未来

1979年のデビュー以降、ポスト・パンクの“クイーン”として国内外のアンダーグランドな音楽界に多大な影響を与えてきたPhewのキャリアや進化し続ける音表現について迫った。

Read More

小説家を構成する感覚の記憶と言葉。村田沙耶香の小説作法

2003年のデビュー作「授乳」から、2016年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』にいたるまで、視覚、触覚、聴覚など人間の五感を丹念に書き続けている村田沙耶香。その創作の源にある「記憶」と、作品世界を生み出す「言葉」について、小説家が語る。

Read More

川内倫子が写す神秘に満ち溢れた日常

写真家・川内倫子の進化は止まらない。最新写真集「Halo」が発売開始されたばかりだが、すでに「新しい方向が見えてきた」と話す。そんな彼女の写真のルーツとその新境地を紐解く。

Read More

動画『Making Movement』の舞台裏にあるもの

バレリーナの飯島望未をはじめ、コレオグラファーのホリー・ブレイキー、アヤ・サトウ、プロジェクト・オーらダンス界の実力者たちがその才能を結集してつくり上げた『Five Paradoxes』。その舞台裏をとらえたのが、映画監督アゴスティーナ・ガルヴェスの『Making Movement』だ。

Read More

アーティスト・できやよい、極彩色の世界を構成する5つの要素

指先につけた絵の具で彩色するフィンガープリントという独特の手法を用いて、極彩色の感覚世界を超細密タッチで創り出すアーティスト・できやよい。彼女の作品のカラフルで狂気的な世界観を構成する5つの要素から、クリエーション誕生の起源を知る。

Read More

ハーレー・ウェアーの旅の舞台裏

写真家ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が世界5カ国に生きる5人の女性を捉えた旅の裏側、そして、ドキュメンタリー映像作家チェルシー・マクマレン(Chelsea McMullen)が現代を象徴するクリエイターたちを捉えた『Making Images』制作の裏側を見てみよう。

Read More

『Making Codes』が描くクリエイティヴな舞台裏

ライザ・マンデラップの映像作品『Making Codes』は、デジタルアーティストでありクリエイティヴ・ディレクターでもあるルーシー・ハードキャッスルの作品『Intangible Matter』の舞台裏をひも解いたものだ。その作品には、プロデューサーとしてファティマ・アル・カディリが参加しているほか、アーティストのクリス・リーなど多くの有名デジタルアーティストが関わっている。

Read More

ローラ・マーリンが表現する、今“見る”べき音楽

イギリス人のミュージシャン、ローラ・マーリンのニューアルバムに満ちている“ロマンス”。男っぽさがほとんど感じられないその作品は、女性として現代を生きることへの喜びを表現している。

Read More
loading...